マカには白髪予防に役立つ働きがある

白髪予防にマカの力を取り入れよう

大地の栄養を吸い取って育つマカは、白髪予防に役立つ様々な働きをもっています。

白髪は、加齢などの影響で増えていきます。マカの力が体内で発揮されれば、黒い髪づくりに必要な細胞や物質の働きを維持し、白髪の発生を抑えられるのです。

マカのどのような働きが白髪を抑えるのか

髪の色に関わる細胞の機能低下を抑える

マカには、髪の色に関わる「メラノサイト」という細胞の機能低下を抑える働きがあります。

髪は、皮膚の内部にある毛根で「メラニン色素」によって黒く色付けされます。このメラニン色素をつくる役割を担っているのが、メラノサイトです。
加齢などによってメラノサイトの機能が低下すると、メラニン色素を正常につくることができず、白髪の発生に繋がります。

マカには、メラノサイトの機能低下を抑える効果が期待できる、以下の成分が含まれています。

・アルギニン、ベンジルグルコシノレート

マカに含まれるアルギニンと、特徴成分であるベンジルグルコシノレートには、成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。
老化によるメラノサイトの機能低下を抑えるためには、成長ホルモンの分泌が必要といわれています。
これらの成分によって、成長ホルモンの分泌を促すことができれば、メラノサイトの正常な機能を維持し、白髪の抑制に繋がります。

・ビタミンB12

ビタミンB12には、メラノサイトの機能を高める働きがあります。メラノサイトの機能が高まれば、メラニン色素の量を増加させ、黒い髪をつくることができるのです。

・カルシウム

カルシウムは、メラノサイトを活発にする働きをもっています。また、白髪のリスクを高めるストレスを軽減します。

黒い髪づくりをサポートする

マカには、黒い髪づくりに必要なチロシンや銅が含まれています。

チロシンは、メラニン色素の原料となる重要な成分です。チロシンを、「チロシナーゼ」と呼ばれる酵素の働きで酸化させることで、黒いメラニン色素に変えることができます。

このチロシナーゼの働きを高める成分が、銅です。ですので、黒い髪を生やすためには、チロシンと銅を一緒に摂取することが大切です。

黒い髪づくりに関わる酵素を酸化から守る

マカには、チロシナーゼの酸化を抑える働きがあります。

人の体は、ストレスや紫外線などの影響を強く受けると、体内で酸化力の強い酸素(活性酸素)が多量に発生します。
この活性酸素が、チロシナーゼの形成に悪影響を与えてしまうと、メラニン色素を増やすことが難しくなるのです。

マカは、活性酸素を減らす力(抗酸化力)をもつ、以下の成分を含んでいます。

・ビタミンC
・ビタミンE
・アントシアニン

マカを飲むことで、このような抗酸化成分をまとめて摂取できるので、体内の抗酸化力が高まります。
これらの成分によって活性酸素を減らし、チロシナーゼの酸化を防ぐことができれば、白髪の抑制に繋がるのです。

血行を促進する

血行不良は、白髪の大敵です。
血液には、酸素や栄養を運ぶ働きがあります。ですので、血行を促進することで、頭皮に栄養と酸素がしっかり届き、健康的な黒い髪を生やすことができるのです。

マカに含まれるアルギニンは、血管を拡張する働きをもつ「一酸化窒素」を増やす力をもっています。この働きによって、冷えなどで収縮した毛細血管を広げることができれば、頭皮にスムーズに栄養が行き渡るのです。

マカの血行促進に役立つ働きについて詳しくはこちら