マカとは何か

マカは栄養の宝箱

マカは、生命力が強くて栄養価が非常に高い植物です。マカと聞くと、男性の活力を上げるものというイメージをもつ方も多いかもしれませんが、実は女性にも嬉しい効果が期待できます。

マカには、5大栄養素(※1)だけでなく、ポリフェノールなど健康維持に役立つ成分が多く含まれています。このような栄養価に優れたマカを摂ることで、毎日イキイキと元気に活動するパワーが生まれるのです。

(※1)炭水化物(糖質、食物繊維)、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル

マカの基本情報

マカとはどんな植物なのか

マカは、カブと同じアブラナ科の植物で、主にペルー共和国(南アメリカ)のアンデス山脈で生産されています。

マカが育つ高地は、標高4000~5000mほどあり、日中と夜の寒暖差が30度以上もある厳しい環境です。日中は強い太陽の光が降り注ぎますが、夜になると0度以下まで下がり、凍結やひょうが発生することもあります。
このような過酷な自然環境の中で、マカは土地の成分(ミネラルなど)をほとんど吸い取り、たくましく成長します。そのため、一度マカを収穫した土地は、5年ほど使うことができません。

マカは、種まきから収穫されるまでの約9か月間、土地の成分をたっぷり吸い取って育つため、栄養価が高いのです。さらに、厳しい自然環境である分、害虫や雑草がないため無農薬で安全に育てられます。

マカに含まれている成分とは

マカは、球根の部分に多くの栄養を含んでいます。特に根の色が濃いほど、栄養価が高いといわれています。

マカには、三大栄養素(※2)の他に以下の成分が含まれています。
・ビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、C、E、ナイアシン)
・ミネラル(ナトリウム、鉄、銅、亜鉛、リン、カルシウム、マグネシウム)

また、以下の特徴成分が含まれていることが、実証されています。
・ベンジルグルコシノレート
・グルコシノレート
・ステロール
・アルカロイド
・サポニン
・ポリフェノール

さらに、アントシアニンやサポニンは、「ファイトケミカル」という化学成分の一種で抗酸化作用(※3)があるのです。

このように、マカは多くの栄養素を含むことから、「栄養の缶詰」や「アンデスの幻の秘薬」とも呼ばれています。

(※2)炭水化物、脂質、タンパク質(アミノ酸)
(※3)細胞を酸化させる物質を除去する働き

どのような効果が期待できるのか

栄養価に優れたマカを摂取することで、以下の効果が期待できます。

・滋養強壮、疲労回復
・血圧やコレステロールを下げる
・不妊
・生理不順の改善
・更年期障害の緩和
・精力増強

特に、マカに含まれている「ベンジルグルコシノレート」は、男性機能の改善や不妊の改善、妊娠促進が期待できるといわれています。
また、アミノ酸の一種である「アルギニン」は、精子の形成やホルモンバランスの調整などに役立ちます。ですので、マカは特に不妊に悩まれる方におすすめしたい植物です。

このように、マカに詰まっている栄養素は、男性と女性の健康的な体づくりをサポートします。