マカの摂取は肝機能を強化する効果が期待できる

マカの力は肝機能の強化に役立つ

大地の栄養が詰まったマカは、健康を支えるために重要な肝臓の機能(肝機能)を高めます。

肝臓には、タンパク質やビタミンを蓄えたり、老廃物やアルコールを解毒したりする働きがあります。
しかし、過度なアルコール摂取や不規則な生活習慣が続くと、肝臓に負担をかけて機能低下に繋がるのです。肝機能が低下すると、疲労感や食欲低下などが起こる場合があります。

お酒の飲み過ぎに注意し、食生活を見直した上でマカを飲むことで、肝機能を強化して元気を取り戻すことができるのです。

マカが肝機能の強化に役立つ理由

肝機能をサポートする成分が豊富に含まれている

マカには、肝機能を強化するために必要な以下の成分が含まれています。

・タンパク質

タンパク質は、肝臓が正常に働く上で重要な役割を担っている成分です。

肝臓には、アルコールを分解する働きがあります。その働きを担っている物質は、タンパク質でできているのです。
また、肝臓がアルコールやウイルスなどでダメージを受けると、タンパク質を使って修復します。ですので、正常な肝臓の機能を保つためには、まずタンパク質をしっかり補うことが大切です。

・アミノ酸

マカには、肝機能の改善に役立つ以下のアミノ酸が含まれています。

・リジン...細菌の侵入を防いだり、ウイルスの働きを抑制したりする。
・メチオニン...肝臓に溜まった老廃物を排出する。代謝機能を促進する。
・アラニン...アルコールの分解や肝機能の保護に役立つ。
・ロイシン...血糖の上昇を抑えるホルモンの分泌を正常にして、肝機能を高める。

マカを飲むことで、このような肝機能の改善に嬉しいアミノ酸を、まとめて摂ることができるのです。

・ビタミンC

ビタミンCには、肝臓の代謝機能に関わる酵素を活性化させる働きがあります。この働きにより、解毒作用を高めることができるのです。

基礎代謝を高める

マカは、基礎代謝を高めることで、肝臓の機能低下を抑えます。

基礎代謝とは、生きていくために最低限必要なエネルギーのことを指します。
肝臓は、全身の中で最も基礎代謝量が多い臓器です。肝臓の基礎代謝量が少なくなると、肝臓の動きが鈍くなって機能低下に繋がってしまうのです。

マカを飲むことで、基礎代謝を高めるために必要なビタミンB群を豊富に摂取できます。さらに、マグネシウムやアントシアニンなど、基礎代謝を上げる働きをもつ成分も一緒に補えるのです。
これらの成分を摂って基礎代謝を高めることができれば、肝機能の向上にも繋がります。

基礎代謝を高めるためには、筋力をつけることも大切です。マカには、筋力増強に嬉しい働きもあります。

マカの筋力増強に役立つ働きについて詳しくはこちら

便秘の解消をサポートする

肝機能の低下を抑えるためには、便秘を解消することが大切です。便秘になって体に毒素が溜まると、それを肝臓が解毒しようとするため負担がかかります。

マカには、便秘解消に不可欠な食物繊維が多く含まれています。食物繊維の働きで腸内環境を改善できれば、毒素の蓄積を抑えて肝臓の負担を軽減できるのです。

マカの便秘解消に役立つ働きについて詳しくはこちら

肝臓にダメージを与える物質の増加を抑える

マカは、酸化力の強い酸素(活性酸素)の増加を抑えることで、肝臓の細胞を守ります。

活性酸素は、本来ウイルスなどを退治する役割を果たします。しかし、喫煙やストレスなどの影響を受けると増加し、健康な細胞まで酸化させて機能を弱らせるのです。

肝臓は、様々な毒素や有害物質を分解するため、活性酸素が発生しやすい臓器です。そのため、肝機能の低下を抑えるためには、活性酸素を除去する働き(抗酸化作用)をもつ成分を、意識的に補う必要があります。

マカを飲むことで、抗酸化作用をもつビタミンC、ビタミンE、アントシアニンを摂取することができます。この3つの抗酸化成分を一緒に摂ることで、相乗効果が期待できるのです。
マカの抗酸化成分により、肝臓を活性酸素によるダメージから守ることができれば、肝機能の低下を抑えられます。