マカは冷え性の改善に役立つ

マカには冷え性を改善へと導く力がある

「栄養の宝箱」とも呼ばれるマカには、女性の冷え性の改善に役立つ力があります。

冷え性が起こる原因として、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、血行不良などが考えられます。
マカを飲むことで、このような原因を解消し、冷え性の改善に近づくことができるのです。

マカの冷え性の改善に役立つ働きとは

自律神経を整える

マカは、自律神経のバランスを整えることで、辛い冷え性を和らげます。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という2つの種類があります。この2つがバランスをとりながら働き、身体の体温を調節しているのです。
疲労やストレスなどの影響で自律神経のバランスが乱れると、この体温調節機能が正常に働かず、冷え性に繋がってしまいます。

マカには、自律神経のバランスを整える力をもつ、以下の成分が含まれています。

ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン) 神経の働きを正常に保つ働きがある。不足すると自律神経のバランスが乱れやすくなる。
カルシウム 神経の興奮や緊張を抑制する働きがある。
マグネシウム 神経の興奮を抑えたり、ビタミンB群の働きを助けたりする役割がある。

マカを飲むことで、このような自律神経を整えるために必要な成分を、同時に摂取することができます。
マカのこれらの成分によって、自律神経を整えることができれば、体温調節機能がうまく働いて冷え性の改善へと導かれるのです。

女性ホルモンのバランスを整える

マカには、冷え性の原因になるホルモンバランスの乱れを改善する力もあります。

女性ホルモンと自律神経は、脳の「視床下部」という部分でコントロールされています。
ストレスや加齢などの影響でホルモンバランスが乱れると、視床下部が異常を察して混乱します。その混乱が、自律神経の働きにも悪影響を及ぼし、冷え性が起こりやすくなるのです。

マカの特徴成分である「ベンジルグルコシノレート」には、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。
マカには、他にもホルモンバランスの調整に必要な以下の成分が含まれています。

タンパク質 ホルモンの材料になる。
ビタミンE 卵巣などに作用して、女性ホルモンの分泌をコントロールする。
ビタミンB6 エストロゲンに働きかけることで、女性ホルモンのバランスを整える。
亜鉛 女性ホルモンの生成に深く関係している。亜鉛が不足すると、女性ホルモンの分泌量が低下する。

マカに含まれているこれらの成分は、女性ホルモンの生成や正常な分泌量の維持に欠かせません。
このような成分を摂って、女性ホルモンのバランスを整えることができれば、自律神経の乱れや冷えを防ぐことができるのです。

血行を促進する

冷え性を改善するためには、血行を促進することも大切です。
血液は、酸素や栄養だけでなく、熱を届ける役割もあります。ですので、血行が悪くなると手足などの冷えが起こりやすくなるのです。

マカに含まれるアルギニンは、血管を拡張する役割をもつ「一酸化窒素」をつくる働きをもっています。この働きによって、血管が拡張されて正常な状態になれば、血流の改善が叶います。
そして、血流が改善することで、体の隅々まで熱が届けられて冷え性の改善に繋がるのです。

このようにマカは、冷え性を起こす様々な原因を減らす力をもっているのです。

マカの血行促進に役立つ働きについて詳しくはこちら