マカは肌荒れの予防と改善に役立つのか

マカは肌荒れの予防と改善をサポートする

マカには、肌荒れの予防と改善に役立つ様々な働きがあります。

肌荒れの原因として、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の乱れや、肌の乾燥が考えられます。また、腸内環境の悪化や血行不良も、肌荒れの原因に繋がります。

マカがもつ働きは、肌荒れの原因を減らし、美肌へと導いてくれるのです。

マカの肌荒れの予防と改善に役立つ働きとは

肌の生まれ変わりをサポートする

マカには、肌の生まれ変わりをサポートする栄養素が豊富に含まれています。

肌のターンオーバーは、一般的に約28日周期で行われます。しかし、不規則な生活などでこの周期が崩れると、古い角質やアカが肌に残り、肌荒れに繋がってしまうのです。

マカに含まれる以下の成分が、肌の新陳代謝(※1)を助けます。

タンパク質 肌の細胞をつくる材料。アミノ酸の供給量を増やすことで、ターンオーバーを促進する。
ビタミンB1 皮膚を正常に保つ。
ビタミンB2 肌の新陳代謝を活発にする。
ビタミンB6 タンパク質やアミノ酸の合成を促進する
ビタミンB12 細胞の代謝に働きかける。
ビタミンC 傷ついた細胞を再生する。肌のターンオーバーを促す。
亜鉛 新陳代謝と深い関わりがある酵素の構成要素となる。細胞の分裂や増殖の際に必要。
・アルギニン
・ベンジルグルコシノレート
成長ホルモンの分泌を促進して、新陳代謝を促す。

このように、マカを飲むことで、新陳代謝の促進に必要な栄養素を効率よく補うことができるのです。
マカのこれらの成分によって、肌のターンオーバーが正常化すれば、肌荒れが起こりにくい肌へと近づけます。

(※1)古い細胞が新しい細胞に生まれ変わること。

保湿力を高める

肌荒れを防ぐためには、肌の保湿力を高めることも大切です。十分に保湿された潤いがある肌は、紫外線などの外部の刺激を跳ね返すことができます。この力を、「バリア機能」といいます。

マカに含まれているアルギニン(アミノ酸)は、肌の保湿力をアップし、バリア機能を向上させる効果が期待できます。

肌の表面の角質層(※1)には、「天然保湿因子(NMF)」という保湿成分が存在します。この成分は、アルギニンなどのアミノ酸が約40%を占めているのです。
NMFにあるアルギニンは、角質層(※2)を保湿する力があります。

マカからアルギニンを摂取し、保湿力を高めることができれば、肌のバリア機能を高めて肌荒れを起こしにくくすることが叶うのです。

(※2)肌の表面の一番外側にある層。

腸内環境を整える

美肌づくりに役立つ栄養素を十分に吸収するためには、腸内環境を整えることも必要です。
腸の中には、乳酸菌など様々な腸内細菌が存在しています。これらが活発に動くことで、腸内環境が良くなります。

マカには、この腸内細菌のエサとなる「食物繊維」が含まれています。食物繊維には、腸内を掃除する役割もあるのです。

マカを飲むことで、腸内の環境を整えつつ、肌荒れ防止に役立つ栄養素を摂取することができます。

血行を促進する

肌の新陳代謝を促進したり、肌の細胞を健全に育んだりするためには、血行も良くしましょう。

血液には、栄養や酸素を運ぶ働きがあります。ですので、血行を促すことで、美肌づくりに必要な栄養素を細胞に十分に届けることができるのです。

マカに含まれるアルギニンには、血管を拡張する「一酸化窒素」をつくり出す力があります。
このアルギニンの働きによって、血管を正常な状態に拡張することができれば、血行促進が叶えられます。そして、血流が良くなることで、新陳代謝も正常に行われて肌荒れの改善に繋がるのです。

マカの血行促進に役立つ働きについて詳しくはこちら