リラックスしたいときはマカを飲もう!

マカの摂取はリラックス効果が期待できる

マカは、精力増強や美肌づくりだけでなく、リラックスしたいときにも役立ちます。

栄養価が高いマカには、ストレスやイライラを緩和させ、精神を安定させる様々な働きがあるのです。また、睡眠の質を高める効果も期待できます。

マカの力を取り入れて、体だけでなく心も元気になりましょう。

リラックス効果をもたらすマカの働きとは

幸せホルモンをつくる

マカは、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」をつくり出す力をもっています。

人の脳は、ストレスや緊張を感じるとセロトニンを分泌し、神経を興奮させる「ノルアドレナリン」などの物質の働きを抑制します。この働きにより、精神を安定させたり感情をコントロールしたりすることができるのです。

マカは、このセロトニンづくりに必要な以下の成分を全て含んでいます。

トリプトファン セロトニンの材料になる。トリプトファンは体内でつくることができないため、食品などから補う必要がある。
ビタミンB6 セロトニンの合成を促進する働きがある。
炭水化物 エネルギー源となってセロトニンの合成を助ける。
セロトニンをつくる酵素の働きを助ける。

このようにマカを飲むことで、セロトニンづくりに必要な成分を効率良く摂取することができるのです。
さらにマカには、セロトニンの放出や取り込みを調節する役割をもつ「マグネシウム」も含まれています。

マカを飲んでセロトニンが十分につくられれば、精神の安定を得られます。
また、日中にセロトニンがしっかり分泌されると、夜にそのセロトニンが「メラトニン」という物質に変わり、睡眠の質を高めてくれるのです。

ストレスを和らげる

マカには、ストレスに対抗するために必要なホルモン(抗ストレスホルモン)の合成に必要な、以下の成分が含まれています。

ビタミンC 抗ストレスホルモンの合成に利用される。ビタミンCが不足すると、ストレスに対抗する力が弱くなる。
ビタミンE 抗ストレスホルモンの生成に深く関わる。
タンパク質 抗ストレスホルモンの材料になる。

ストレスを感じた際に、抗ストレスホルモンがうまく分泌されると、エネルギーが増えたり心拍数が上がったりして、ストレスに対抗する力が高まるのです。
マカなら、この抗ストレスホルモンをつくるために必要な成分を、まとめて摂取することができます。

神経の興奮を抑える

マカには、神経の興奮を抑える働きをもつ「カルシウム」と「マグネシウム」も含まれています。
これらの成分が不足すると、イライラしやすくなるといわれているので、精神の安定を維持するためには意識して摂ることが大切です。

このようにマカには、リラックス効果が期待できる成分が複数含まれています。これらの成分を同時に補うことで、相乗効果が期待できるのです。