マカの1日の摂取目安量と注意点

マカは1日の摂取目安量を守って飲もう

マカの1日の摂取目安量は、粉末の場合は2g~10g程度です。サプリメントから摂取する場合は、製品のパッケージに記載された目安量を守って摂取しましょう。

マカの力を十分に得るためには、1日に1500mg以上摂取することが望ましいといわれています。しかし、過剰に摂り過ぎてしまうと、かえって体に悪影響を与えてしまう場合があるのです。

健康や美容のためにマカを取り入れるなら、毎日飲むタイミングを決めて、正しい量を摂取しましょう。

マカの過剰摂取に注意しよう

マカを過剰摂取すると下痢になる場合がある

マカを1度にたくさん摂取すると、人によっては下痢になる場合があります。

マカは、ホルモンの分泌に作用するため、過剰に摂りすぎるとホルモンバランスが乱れてしまう可能性があります。ホルモンバランスが乱れると、下痢や便秘などの症状が現れることがあります。

また、女性の場合は、マカの作用によって男性ホルモンの分泌が増えてしまうと、皮脂の分泌量が増えてニキビができやすくなることがあります。

ですので、マカを飲むときは、必ず1日の摂取目安量を守ることが大切です。
もともと脂性肌の方がマカをはじめて飲むときは、目安量よりも少ない量から飲みはじめることをおすすめします。

(※1)便やガスを排出する腸の動き。

マカの過剰摂取を防ぐためには飲むタイミングを決めよう

マカの過剰摂取を防ぐために、飲むタイミングと1回分の量を予め決めておきましょう。

マカを粉末で飲む場合は、料理に使ったりスープに入れるなどして、食事のときに摂取することをおすすめします。粉末を1日3g摂取するなら、1回1.5g程度を、朝と夜の2回に分けて摂取しても良いでしょう。

マカをサプリで摂取する場合は、食後がおすすめです。食事をした後にサプリを飲むことで、胃腸に負担をかけずに飲むことができます。

このように、飲むタイミングと1回分の量を予め決めておくことで、毎日無理なく適切な量を飲み続けることができるのです。