マカは前立腺肥大症の予防をサポートする

マカの力は前立腺肥大症の予防に役立つ

マカには、前立腺肥大症の予防に役立つ様々な働きがあります。特に赤マカは、前立腺の肥大を抑制する力があるといわれています。

前立腺は男性だけがもっている器官で、加齢に伴って大きくなる傾向があります。前立腺肥大症とは、前立腺が大きくなるだけでなく、頻尿や残尿感などの症状がある状態です。
前立腺肥大症の原因は明らかにされていませんが、メタボリックシンドロームや男性のホルモンなどが関係していると考えられています。

マカの働きを取り入れることで、前立腺肥大症のリスクを減らす効果が期待できるのです。

なぜマカは前立腺肥大症の予防に役立つのか

メタボの予防をサポートする

マカには、メタボの原因である内臓脂肪の増加や高血圧、糖尿病や脂質異常の予防に役立つ働きがあります。

大地の栄養を吸い取って育つマカは、5大栄養素(※1)をはじめ多くの栄養素を含んでいます。その栄養素の働きによって、以下の効果が期待できます。

・内臓脂肪の燃焼をサポートする
・ストレスや不眠を解消し血圧の上昇を抑える
・血液中の糖の増加を抑えるホルモンの働きをサポートする
・糖質や脂質をエネルギーに変える働きを助ける

このように栄養価が高いマカは、メタボの原因を減らす力があるのです。マカの力によって、メタボを防ぐことができれば、前立腺肥大症のリスクの軽減にも繋がります。

マカのメタボ予防に役立つ働きについて詳しくはこちら

(※1)タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル

前立腺の肥大に影響があるホルモンの働きを抑える

マカに含まれる亜鉛は、前立腺肥大症に関係しているホルモン(ジヒドロテストステロン)の働きを抑制します。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの「テストステロン」が、酵素の働きによって活性化されることで発生します。
加齢によって肥大をはじめた前立腺が、ジヒドロテストステロンの刺激を受けると、より一層肥大化する場合があるのです。

マカから亜鉛を摂取し、ジヒドロテストステロンの働きを抑えることができれば、前立腺肥大の悪化を抑えることができます。

前立腺肥大症を予防するなら赤マカがおすすめ

前立腺肥大症を防ぐためにマカを取り入れるなら、マカの中でも表皮が赤い「赤マカ」が使用されている製品をおすすめします。

オスのラットを使った実験により、赤マカの前立腺肥大の抑制作用が確認されているのです。
また、赤マカには、ポリフェノールや必須アミノ酸(※2)、ミネラル類などの栄養素が豊富に含まれているため、男性の健康を維持する効果が期待できます。

(※2)必須アミノ酸は体内でつくり出すことができないため、食品などから補う必要がある。