マカは血行促進に役立つ

血行を促進するならマカがおすすめ

「栄養の宝箱」とも呼ばれるマカは、血行促進に役立ちます。

マカには、5大栄養素(※1)をはじめ、健康維持に嬉しい成分が豊富に含まれています。その中には、血行不良の原因を解消し、血流を良くする働きをもつ成分が複数あるのです。

マカを摂ることで、そのような血行促進に必要な成分を効率良く補うことができます。

(※1)炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル

なぜマカは血行促進に役立つのか

血流を悪化させる物質の発生を抑える

血行不良が起こる原因の一つとして、「過酸化脂質」の発生が考えられます。マカには、この過酸化脂質の発生を抑える以下の成分が含まれています。

・ビタミンE
・ビタミンC
・サポニン
・アントシアニン

これらの成分には、血液中の悪玉コレステロールなどの脂質が酸化して、過酸化脂質に変わるのを抑える働きがあります。この働きを「抗酸化作用」といいます。
血液中の脂質を酸化させるのは、「活性酸素」です。マカの抗酸化作用をもつ成分は、この活性酸素を除去することで、過酸化脂質の発生を抑制するのです。

活性酸素は、ストレスや加齢、喫煙などが原因で増加します。抗酸化成分を多くもつマカを取り入れることで、活性酸素の増加を抑えて良い血流を維持することが叶うのです。

血管を拡張して血流をスムーズにする

マカに含まれている「アルギニン」は、血管を拡張することで血液をサラサラにします。

マカには様々なアミノ酸が含まれていますが、特にこのアルギニンを豊富に含んでいます。
摂取したアルギニンは、体内で「一酸化窒素」を生み出します。この一酸化窒素は、血圧を調整するために重要な役割を担っています。

アルギニンによって一酸化窒素が増加すると、血管を拡げることができ、血行が良くなるのです。