マカはPMSの症状の緩和に役立つ

マカの摂取はPMSの症状を和らげる効果が期待できる

マカは栄養価が高く、女性のPMS(月経前症候群)の症状の緩和に役立つため、女性におすすめの食品です。

PMSは、月経の2週間前から1週間前にはじまる、イライラなどの症状のことを指します。PMSの症状は他に、むくみやめまい、ニキビや不眠などがあります。
このPMSが起きる原因は明らかにされていませんが、排卵を境に変動する女性ホルモンが影響していると考えられています。

マカを飲むことで、女性ホルモンのバランスの乱れによって起こる、様々な症状を軽減する効果が期待できるのです。

マカのどのような働きがPMSの症状を緩和するのか

ホルモンバランスを整える

PMSの症状を和らげるためには、ホルモンバランスを整える成分を摂ることが良いといわれています。

マカには、ホルモンづくりに欠かせないタンパク質や亜鉛が多く含まれています。
さらに、女性ホルモンの分泌を調節するビタミンEや、ホルモンバランスを整えるビタミンB6と「ベンジルグルコシノレート」も、同時に摂取できるのです。

このようにマカを飲むことで、女性ホルモンのバランスの分泌や調節に役立つ成分を、まとめて補うことができます。

自律神経の働きを整える

マカは、ホルモンバランスの崩れによる自律神経の乱れを抑える効果が期待できます。

女性ホルモンと自律神経は、どちらも脳の視床下部という部分でコントロールされています。そのため、女性ホルモンのバランスが乱れると、視床下部が混乱し、自律神経の働きにも影響を与えてしまうのです。

マカには、神経の正常な働きを維持するビタミンB群(B1、B12など)が豊富に含まれています。さらに、このビタミンB群の働きをサポートするマグネシウムや、神経の興奮を抑えるカルシウムも一緒に摂取できるのです。

これらの成分の働きにより、ホルモンバランスの崩れによる自律神経の乱れを抑制できれば、PMSの症状を抑えられるのです。

イライラや不安感を軽減する

PMSによるイライラなどの症状は、幸せホルモンであるセロトニンの減少が影響して起こるともいわれています。
マカには、セロトニンの合成に必要な以下の成分が含まれています。

・トリプトファン
・ビタミンB6
・炭水化物
・鉄

これらの成分を摂って、セロトニンを十分につくり出すことができれば、イライラや不安感を抑えて快適に過ごすことが叶うのです。