筋力増強に役立つマカの力

マカには筋力増強に役立つ力がある

筋肉を増強するためにトレーニングをするなら、栄養豊富なマカを取り入れることをおすすめします。

マカには、筋肉を増やす力と筋肉の減少を抑える力があります。さらに、筋トレに必要なエネルギーづくりもサポートするのです。

このマカを運動する前や運動中に摂ることで、筋肉をスムーズに修復する効果が期待できます。

筋力増強に役立つマカの力とは

筋タンパク質の合成を促進する

筋力を増強するためには、「筋タンパク質(※1)」を増やすことが大切です。マカを飲むことで、この筋タンパクの合成に必要なタンパク質やビタミンB6、ロイシンを同時に摂取することができます。

筋タンパク質は、常に合成と分解を繰り返して新しく作られています。この合成と分解のバランスを維持することで、筋肉量を保つことができるのです。
しかし、ストレスなどの影響で筋タンパク質の合成が減り、分解される量が増えると、筋力の低下に繋がります。

筋タンパク質の合成を増やすためには、タンパク質を十分に摂ることが必要です。
摂取したタンパク質は、アミノ酸に分解された後、筋肉へ運ばれます。そこで保管され、筋タンパク質を合成する際に利用されるのです。

タンパク質をアミノ酸に分解するためには、ビタミンB6の働きが必要不可欠です。血液中のアミノ酸量が増えることで、筋タンパク質の合成が促されます。
この筋タンパク質の合成に重要な成分が、必須アミノ酸(※2)のロイシンです。ロイシンを十分に摂取することで、筋タンパク質の合成作用を高めて筋力増強に繋がります。

(※1)筋肉を構成するタンパク質の総称
(※2)必須アミノ酸は体内でつくることができないため、食品などから補う必要がある

筋肉の分解を抑制する

マカには、筋肉の合成を促進する成分だけでなく、筋肉の分解を抑制する「BCAA(※3)」が含まれています。

このBCAAは、運動時に筋肉でエネルギー源として利用されます。
人の体は運動中、ブトウ糖や血液中のアミノ酸などをエネルギー源にしています。しかし、これらが不足すると、筋肉にある筋タンパク質を分解してエネルギーとして利用するのです。

運動前や運動中にBCAAを摂取すると、そのBCAAがエネルギー源となるため、筋タンパク質の分解の抑制に繋がります。

筋トレに必要なエネルギーをつくる

マカには、筋トレのエネルギー源として欠かせない糖質や、ビタミンB群が含まれています。

糖質はエネルギーの材料になりますが、糖質だけではエネルギーをつくり出すことはできません。糖質をエネルギーに変換するためには、ビタミンB1の働きが必要です。
また、脂質をエネルギーに変えるためには、ビタミンB2も意識的に補うことが大切です。

マカを飲むことで、糖質や脂質だけでなく、このビタミンB群も一緒に摂取することができます。

成長ホルモンの分泌を促す

筋肉をつくるためには、成長ホルモンの働きも欠かせません。マカを飲むことで、成長ホルモンの分泌を促す「アルギニン」や、「ベンジルグルコシノレート」を得ることができます。

成長ホルモンは、体の様々な組織の成長を促す役割を担っています。マカの成分の働きによって、成長ホルモンがうまく分泌されると強い筋肉がつくられるのです。