マカの働きはメタボの予防に役立つ

マカにはメタボの予防に役立つ多くの働きがある

マカの様々な働きは、メタボ(メタボリックシンドローム)の予防をサポートし、健康的な体を維持します。

メタボとは、内臓脂肪(※1)が蓄積される「内臓肥満」に、高血圧や高血糖、脂質異常などが合わさった状態のことを指します。

このメタボを予防するためには、運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣を見直すことが大切です。そして、大地の栄養が詰まったマカを取り入れることで、さらにメタボのリスクを減らすことができます。

(※1)お腹の臓器の周りにつく脂肪のことを指す。

メタボの予防に役立つマカの働きとは

内臓脂肪の減少をサポートする

マカに含まれるアミノ酸は、脂肪を分解する酵素(リパーゼ)の働きを高める力をもっています。マカのアミノ酸の働きにより、リパーゼの働きを活発にすることができれば、運動時により多くの内臓脂肪を減らすことができるのです。

さらにマカには、基礎代謝(※2)の向上に必要なビタミンB群などの栄養素が、豊富に含まれています。マカを飲んで、基礎代謝を高めることができれば、痩せやすくて太りにくい体に近づくことができるのです。

マカのこのような力を活かすためには、運動が必須です。ウォーキングなどの運動を続けた上でマカを摂取し、メタボとは程遠い体型を叶えましょう。

(※2)生きるために最低限必要なエネルギーのこと。

マカのダイエットに役立つ働きについて詳しくはこちら

血圧の上昇を抑える

マカには、高血圧の原因になるストレスや不眠を、解消へと導く働きがあります。

ストレスを軽減したり寝つきを良くしたりするには、幸せホルモンである「セロトニン」が十分につくられる必要があります。
マカなら、セロトニンづくりに必要なトリプトファンやビタミンB6、炭水化物や鉄をまとめて摂取できます。

マカを飲んでセロトニンを増やすことができれば、ストレスと不眠の解消に近づけます。そして、ストレスや不眠を解消できれば、自律神経のバランスが整い、正常な血圧を維持できるのです。

マカの高血圧の予防に役立つ働きについて詳しくはこちら

血糖値の上昇を抑える

マカに含まれるミネラル(亜鉛、リン、マグネシウム)は、血液中の糖を下げるホルモンの働きを助けます。
さらに、マカのビタミンB群によって、糖質や脂質を効率良くエネルギーに変えることができれば、血糖値の上昇を抑制できるのです。

高血糖を予防するためには、運動や栄養バランスの良い食事を心がけた上で、マカを取り入れましょう。

マカの糖尿病の予防に役立つ働きについて詳しくはこちら

コレステロールの増加を抑える

マカを飲むことで、脂質異常症の予防に欠かせない食物繊維や、植物性タンパク質を摂取できます。

特に食物繊維は、コレステロールや中性脂肪の吸収を阻害する働きがあるため、メタボを予防するためには意識して摂ることが望ましいです。
植物性タンパク質は、血液中のコレステロールを減らす働きをもっています。ですので、食物繊維と一緒に摂ることで、脂質異常症のリスクをより減らす効果が期待できるのです。

マカの脂質異常症の予防に役立つ働きについて詳しくはこちら