妊娠中・授乳中の方がマカを飲む場合は医師に相談しよう

妊娠中や授乳中にマカを飲む場合は必ず医師に相談することが大切

妊娠中の方や授乳中の方がマカを飲む場合は、自己判断で安易に摂取せず、必ず医師に相談しましょう。

マカは、大地のミネラルなどの栄養を吸い取って成長します。そのマカの栄養素の中には、女性の健康維持に役立つものが多くあります。
しかし、妊娠中や授乳中にマカを安易に摂ってしまうと、かえってお母さんや赤ちゃんの体に悪影響を与える可能性があるのです。

なぜ妊娠中や授乳中はマカを安易に飲んではいけないのか

マカには女性ホルモンに影響を与える成分が含まれている

マカには、「ベンジルグルコシノレート」をはじめ、女性ホルモンのバランスに影響を与える成分が含まれています。

妊娠中はホルモンの分泌が変化しやすいため、ホルモンバランスが崩れやすいです。
マカには、女性ホルモンのバランスを整える成分が多く含まれています。しかし、デリケートな妊娠中に過剰に摂ってしまうと、かえって、ホルモンバランスに悪影響を与える可能性があるのです。

また、マカのサプリによっては、プラセンタが一緒に配合されているものがあります。
プラセンタは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量を増やす働きをもっています。ですので、妊娠中に摂るとホルモンバランスを乱してしまう可能性があるのです。

妊娠中に必要な栄養素は、普段の食事から摂ることが望ましいです。普段の食事に加えて、マカなどのサプリを摂る場合は、摂取を始める前に必ず医師に相談してください。

サプリの成分は胎児や赤ちゃんにも影響を与える

胎児は、お母さんが摂取した栄養素の影響を強く受けるといわれています。
マカのサプリには、胎児にも必要な葉酸が含まれているものがあります。しかし、亜鉛など他の成分も多く含まれているため、胎児において安全とはいいきれません。

サプリの成分の含有量は、大人を目安とした量です。そのため、サプリに含まれている成分の量は、胎児や赤ちゃんにとっては多すぎてしまう場合があります。

妊娠中や授乳中は、胎児や赤ちゃんにとって安全であることが証明されていないサプリを、安易に摂ることは控えましょう。