マカが不眠の改善に役立つ理由

マカの摂取は良質な睡眠を叶える効果が期待できる

大地の栄養が詰まっているマカは、不眠を解消して良質な睡眠へと導きます。

不眠を改善するためには、睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の働きが欠かせません。このメラトニンは、朝日を浴びてから約15時間後に多く分泌されるようになります。ですので、規則正しい生活を心がけて早起きをすることで、不眠の解消へと一歩近づくことができるのです。

さらに、朝にウォーキングなどの運動を行うことによって、ストレスを減らしたり自律神経を整えたりすることもでき、より良質な睡眠が叶います。

その上でマカを取り入れると、メラトニンの分泌量の向上や自律神経を整える効果が期待できるのです。

マカが不眠の改善に役立つ理由とは

睡眠ホルモンの生成に必要な成分が含まれている

マカには、メラトニンを体内でつくるために必要な以下の成分が含まれています。

・トリプトファン
・ビタミンB6
・炭水化物
・鉄

これらの成分は、日中は幸せホルモンである「セロトニン」の材料として利用されます。夜になると、セロトニンはメラトニンに変化し、眠気を誘ったり眠りを持続させたりする役割を果たすのです。
つまり日中にセロトニンが十分に分泌されることによって、夜にメラトニンの分泌量が高まり、良い睡眠が叶えられます。

セロトニンづくりに必要な成分のうち、トリプトファンは必須アミノ酸であるため、体内でつくり出すことができません。そのため、意識して摂取しないとセロトニンを十分につくることができず、睡眠の質の低下に繋がる場合があります。
マカを飲むことで、トリプトファンをはじめセロトニンの生成に必要な成分を、まとめて効率良く補うことができるのです。

体の深部体温を下げて質の良い睡眠へと導く

マカに含まれるアミノ酸の「グリシン」は、体の深部体温(※1)を下げることで、眠りにつきやすくします。

深部体温は、就寝する3~4時間前にかけて高くなった後、入眠に向けて少しずつ低下していきます。就寝する1~2時間前に深部体温が急降下するほど、スムーズに深く眠ることができるのです。

グリシンは、血管を拡張させることで末梢血流を増加させ、体内の熱を放出します。この働きによって、深部体温が下がって自然と寝つきが良くなります。

不眠傾向の人を対象とした試験では、グリシン(1日3g)を就寝の30分から直前に4週間摂取した人は、睡眠深度や中途覚醒回数などの改善がみられたことが報告されています。

(※1)内臓や脳の温度のことを指す。

自律神経のバランスを整える

マカは、睡眠の質と関係する自律神経のバランスを改善する効果が期待できます。

自律神経には、活動しているときに働く「交感神経」と、リラックスしているときに働く「副交感神経」の2種類があります。
ストレスなどの影響を受けると交感神経が活発になり、副交感神経を抑制します。すると、脳が興奮して不眠症の原因に繋がるのです。

マカには、自律神経のバランスの改善に役立つ以下の成分が含まれています。

ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、B12 神経の働きを正常に保つ役割がある。
カルシウム 神経の緊張や興奮を抑える働きがある。イライラを抑える。
マグネシウム 神経の興奮を抑える。ビタミンB群の働きをサポートする。

これらの成分の働きによって、ストレスの影響で活発になった交感神経の働きを抑え、副交感神経とのバランスを整えることができれば、眠りにつきやすくなるのです。

また、マカを飲んでセロトニンの分泌量を増やすことができれば、副交感神経の働きを高めて自律神経のバランスをとることができます。