マカが免疫力の向上に役立つ理由

マカの摂取は免疫力を高める効果が期待できる

大地の栄養素が詰まっているマカには、免疫力をアップさせる力があります。

免疫力を高めるためには、腸内環境を良好に保つことと、免疫細胞(※1)を活性化させることが大切です。

食べ物を消化したり吸収したりする役割をもつ腸には、ウイルスなどの侵入を防ぐために免疫力が備わっています。免疫力の70%は、腸内にあるといわれているのです。
ですので、腸内環境を良好に保つことが、免疫力の低下を防ぐことに繋がります。

また、細菌やウイルスに負けない体をつくるためには、免疫細胞の働きを高める必要があります。頼もしい免疫細胞が、血液にのって全身に届けられることで、細菌やウイルスをしっかりと退治することが叶うのです。

(※1)白血球に含まれる細胞で、病原体と戦う役割を担っている。マクロファージやNK細胞など。

なぜマカは免疫力の向上に役立つのか

腸内環境を整える

食物繊維で悪玉菌を減らす

マカには、腸内環境を整えるために欠かせない「食物繊維」が含まれています。

腸内環境を整えて良好に保つためには、腸内に存在している「善玉菌」と「悪玉菌」の良いバランスを維持する必要があります。これらの腸内細菌には、以下の働きがあります。

善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌など) 消化吸収の補助をする。悪玉菌の増殖や定着を防ぐ。
悪玉菌(ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌など) 腸内のタンパク質などを腐敗させ、有害物質をつくる。

悪玉菌が優位になると、腸内環境が悪化し、免疫細胞の働きが低下してしまうのです。つまり免疫力を高めるためには、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが大切です。

食物繊維は、善玉菌を増やしたり悪玉菌を減らしたりする働きをもっています。さらに、腸内の有害物質を減らす力もあるため、腸内環境を整える効果が期待できるのです。
マカを飲んで食物繊維を摂取し、腸内環境を整えて免疫力を高めましょう。

悪玉菌を増やす物質の増加を抑える

悪玉菌は、体内で増加した「活性酸素」の影響で増える場合があります。
活性酸素には、もともと細菌やウイルスを退治する働きがあります。しかし、ストレスなどの影響で増加すると、善玉菌を抑えて悪玉菌を増やし、免疫力の低下を招くのです。

マカには、活性酸素を除去する力(抗酸化力)をもつ以下の成分が含まれています。

・ビタミンE
・ビタミンC
・アントシアニン

これらの成分を摂って体内の抗酸化力が高まれば、活性酸素の増加を抑えることができるのです。

免疫細胞の働きを高める

免疫力を上げるためには、腸内環境を整えるだけでなく、免疫細胞の働きを高めるために必要な成分も摂取しましょう。
マカは、免疫細胞の活性化に嬉しい以下の成分を含んでいます。

タンパク質 免疫細胞の主成分となる。
ビタミンE 細胞の免疫機能を保持する。
ミネラル(亜鉛、セレン、銅) 免疫細胞を保護する。
アミノ酸(アルギニン、グルタミン酸) マクロファージを活性化させる働きがある。

このようにマカを飲むことによって、免疫細胞の働きを高める様々な成分を、同時に摂取することができるのです。
これらの成分の働きで免疫細胞が活性化されれば、体内に侵入した病原体から体を守ることができます。

筋肉づくりをサポートする

免疫力を低下させないために、筋肉をつけて平熱を上げることが望ましいです。
筋肉は、常にエネルギーを代謝して熱を生み出しています。筋肉が増えて熱の産生が高まると、血流が良くなります。すると、血液の中に存在する免疫細胞が体中を巡り、免疫力を発揮できるようになるのです。

マカには、筋肉をつくるために必要なタンパク質やビタミンB6が含まれています。また、筋肉の分解を抑える働きをもつ「BCAA」も一緒に摂取できます。
筋トレを行う前にマカを飲むことで、これらの成分が筋肉づくりをサポートするのです。

そして筋肉を増やして、平熱を36度以上にすることができれば、免疫力の低下を抑えられます。

マカの筋力増強に役立つ働きについて詳しくはこちら