マカは高血圧の予防・改善をサポートする

マカの働きは高血圧の予防と改善に役立つ

マカの摂取は、血圧の上昇を抑える効果が期待できます。

高血圧は、主に肥満やストレスが原因で起こります。また、動脈硬化や不眠も高血圧のリスクを高めるのです。
マカには、このような高血圧の原因を減らす頼もしい働きがあります。

マカを摂取するだけでなく、適度な運動や規則正しい生活習慣を心がけることで、正常な血圧を保つことができます。

マカの高血圧の予防と改善に役立つ働きとは

ダイエットを助ける

マカはダイエットをサポートし、高血圧の原因の一つである肥満を軽減します。

内臓脂肪(※1)が溜まると、血液中の糖を減らすホルモンの分泌量が増えます。そのホルモンが過剰に分泌されると、自律神経の交感神経の働きが高まり、血管が収縮して血圧の上昇に繋がるのです。

マカには、内臓脂肪を減らす働きをもつ酵素を助ける力があります。また、痩せやすい体づくりに役立つ栄養素が多く含まれているので、ダイエットに役立ちます。

(※1)お腹の臓器の周囲につく脂肪のこと。

マカのダイエットに役立つ働きについて詳しくはこちら

ストレスを軽減する

マカの摂取は、高血圧の要因となるストレスを軽減する効果が期待できます。

人はストレスを感じると、交感神経が強く働いて血管が収縮します。さらに、心拍数が増加して、心臓から送り出される血液量が増加し、血管を押し広げる力が高まるのです。

血圧の上昇を抑えるためには、リラックスすることを心がけることが大切です。リラックスすることで、自律神経の副交感神経の働きが高まり、交感神経の過剰な働きを抑えられます。

マカには、精神をリラックスさせる「セロトニン」というホルモンの合成や、放出に必要な成分が含まれています。さらに、神経の興奮を抑える働きをもつミネラルも含んでいるのです。

マカのリラックス効果が期待できる働きについて詳しくはこちら

不眠を解消して睡眠の質を高める

血圧の上昇を抑えるためには、毎日良質な睡眠をとることが大切です。マカは、不眠の解消にも役立ちます。

交感神経は、夜眠っている間は活動を休めます。それに伴って血圧も低くなるのです。
しかし、夜眠らないと交感神経が休むことなく働き続け、血圧を下げることができないのです。すると、次の日の血圧に悪影響を与えます。

マカを飲んで、日中にセロトニンが十分に分泌されれば、夜に睡眠ホルモン(メラトニン)の量が増えます。このメラトニンの働きにより、寝つきが良くなって睡眠の質が高まるのです。
そして、しっかり眠ることで交感神経の働きを休め、血圧の低下に繋がります。

マカの不眠の改善に役立つ働きについて詳しくはこちら

動脈硬化のリスクを減らす

マカは、高血圧の原因になる動脈硬化のリスクを下げる効果が期待できます。

動脈硬化になると、血管が狭くなったり弾力性がなくなったりして、血液がスムーズに流れにくくなります。すると、心筋に圧力がかかり、血圧の上昇に繋がります。

マカには、動脈硬化の原因となる物質を減らす働きをもつ、ビタミンEなどが含まれています。さらに、コレステロールの増加を抑える食物繊維なども含んでいるのです。
マカの栄養素によって、血流を良い状態に維持できれば、動脈硬化のリスクを減らすことが叶います。

マカの動脈硬化の予防に役立つ働きについて詳しくはこちら