マカと葉酸を一緒に摂取して妊娠に適した体に整えよう

妊娠に適した体をつくるならマカと葉酸を一緒に摂取しよう

妊娠に適した体をつくるためにマカを飲むなら、葉酸が一緒に配合されているサプリをおすすめします。

マカには、ホルモンバランスの調整に嬉しい栄養素が、豊富に含まれています。このマカと一緒に葉酸を摂ることで、妊娠力を高めるだけでなく、赤ちゃんの健康を守ることができるのです。

なぜマカと一緒に葉酸を摂取することが大切なのか

葉酸は赤ちゃんの体をつくるのに必要な栄養素

葉酸は、妊娠初期(妊娠3ヵ月頃まで)に必要不可欠な栄養素の一つです。
妊娠初期では、赤ちゃんの脳や脊髄(せきずい)などの器官が形成されますが、その際に葉酸が重要な役割を果たします。

精子と卵子が受精して受精卵になると、細胞分裂を繰り返して徐々に胎児になります。葉酸には、この細胞分裂のときに必要な物質の生成を助ける働きがあるのです。

そのため、妊娠1か月前から妊娠初期までは、葉酸を積極的に摂取することが大切です。栄養豊富なマカと葉酸を一緒に摂ることで、お母さんと赤ちゃんの元気な体を守ることができます。

マカと葉酸が子宮の働きをサポートする

マカと葉酸を摂ることで、血流を良くする効果が期待できます。血流が良くなると、子宮の働きが良くなり、妊娠力のアップに繋がるのです。

葉酸には、赤血球をつくる働きがあります。一方マカにも、血液をつくるために必要な鉄や、ビタミンB12が含まれているのです。
葉酸と鉄、ビタミンB12をしっかり補給することで、血液がスムーズにつくられます。そして、血液が身体中をスムーズに流れることにより、子宮の働きがアップするのです。

子宮の働きが良くなって、受精卵のベットである子宮内膜(※1)を厚くすることができれば、妊娠が成立しやすくなるのです。
また、血行が良くなると自律神経の働きもよくなり、ホルモンバランスが整います。すると、生理が毎月規則正しく起こり、妊娠しやすい体に近づけます。
このように、マカと葉酸を一緒に摂取することによって、相乗効果が期待できるのです。

(※1)子宮の中を覆っている膜のこと。

マカの妊活に役立つ働きについて詳しくはこちら