マカは眼精疲労の予防・改善に役立つ

マカは眼精疲労を軽減して目の働きをサポートする

栄養価が高いマカには、眼精疲労の予防や改善をサポートする頼もしい力があります。

目を使い続けて眼精疲労になると、目の疲れや痛みだけでなく、頭痛や肩こりなどの症状も現れます。
長く目を酷使すると、視覚に関わる物質の再合成が遅れて、目の疲労感に繋がるのです。また、近くのものを長時間見続けると、目のピントを合わせる役割をもつ筋肉が固まり、眼精疲労に繋がります。

この眼精疲労を予防するために、パソコンやスマホをするときは1時間ごとに15分程の休憩をはさみ、目を休ませることをおすすめします。
そして、マカを取り入れることで、目の疲労感の悪化を抑え、目の働きをサポートすることができるのです。

眼精疲労の予防・改善に役立つマカの働きとは

視覚に関わる物質の再合成を助ける

マカに含まれている「アントシアニン」は、視覚に関わる物質である「ロドプシン」の再合成を促進し、視覚機能を改善する働きをもっています。

ロドプシンはタンパク質の一種で、目の網膜にあります。
人は何かを見るとき、目が対象物を光の情報として捉えて信号化します。その信号化したものを、ロドプシンが脳に伝えることによって、対象物が何かを認識したり判断したりすることができるのです。

ロドプシンは一度光の情報を受け取ると、分解されます。そして、脳に信号を伝えた後、再び元の姿に再合成されることで、新たな情報を受け取ることができるのです。
しかし、目を長時間使い続けると、ロドプシンの再合成が遅れて目の疲労感として現れる場合があります。

マカから摂取したアントシアニンの働きにより、ロドプシンの再合成が促進されれば、視覚機能を改善して目の疲労感の抑制に繋がるのです。

目の筋肉の疲労を抑える

マカには、目の筋肉や視神経の疲労を抑制したり、働きを助けたりする成分が含まれています。

人がものを見るとき、「毛様体筋」という筋肉が目の水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせているのです。
近くを見るときは、毛様体筋が収縮して水晶体を膨らませ、ピントを調節します。反対に、遠くを見るときは、毛様体筋が緩まり、水晶体を薄くしているのです。
近くのものを長時間見ると、毛様体筋が常に緊張している状態になり、目の疲労感に繋がります。

マカは、この毛様体筋の疲労の軽減に役立つ以下の成分を含んでいます。

ビタミンB1
筋肉の疲れを和らげる働きがある

ビタミンB12
ピント調節機能が低下した毛様体筋に作用し、働きを改善して疲労を抑える

ビタミンB6
毛様体筋の主成分であるタンパク質の吸収に必要。

このようにマカなら、毛様体筋の疲労の軽減に嬉しい様々な成分を、一緒に摂取することができるのです。
毛様体筋の疲労を抑えるためには、マカの摂取の他に、蒸しタオルで目を温めたり十分に休養をとったりすることをおすすめします。

視神経の働きを助ける

眼精疲労は、視神経の働きが低下することで起こる場合もあります。パソコンやスマホを長時間見ると、視神経が光などの刺激を多く受けて疲労してしまうのです。

マカには、視神経の働きを助ける以下の成分が含まれています。

ビタミンB群(B1、B2、B12)
視神経の働きを正常に保つ

亜鉛
神経の伝達をサポートする。

これらの成分は、視神経の正常な働きを維持するために必要な成分ですので、意識的に補うことが望ましいです。
マカなら、このように視神経の働きに嬉しい様々な成分を、同時に摂取することができます。