マカはむくみの改善をサポートする

マカにはむくみの改善に嬉しい働きがある

むくみを改善するなら、栄養豊富なマカを取り入れることをおすすめします。

むくみは、血行不良などが原因で、体内に余分な水分や老廃物がたまることで起こります。
このむくみを解消するためには、適度に運動を行ったり、バランスの良い食生活を心がけたりすることが大切です。

その上でマカの力を取り入れると、むくみが起こりにくい体を維持することが叶います。

マカのむくみの改善に役立つ働きとは

体内の水分量をコントロールする

マカに含まれている「タンパク質」と「サポニン」は、体内の水分量の調節に役立ちます。

タンパク質を摂取すると、その一部は体内で「アルブミン」になります。このアルブミンが体内に十分にあると、血管内と血管外の水分量が調節されるのです。
アルブミンが不足すると、血管の外側に水分が流れてしまい、むくみに繋がってしまうのです。

また、サポニンには、尿の生成を促す働き(利尿作用)があります。この働きによって、体内の余分な水分が排出されると、正常な水分量を維持することができるのです。

冷えを改善する

マカは、自律神経を整えることで、むくみの原因になる冷えを緩和します。

体が冷えると、血管が収縮して血行が悪くなります。すると、静脈での水分の回収が鈍くなり、余分な水分や老廃物がたまりやすい状態になるのです。

体の冷えは、自律神経のバランス(※1)の乱れが原因となって起こる場合があります。自律神経が乱れると、体温調節がうまくできず、冷えが起こりやすくなるのです。
マカには、自律神経のバランスの調整に役立つ「ビタミンB群」や、「カルシウム」などが含まれています。

マカのこれらの成分によって、自律神経の良好なバランスを維持できれば、正常な体温を維持して冷えが起こりにくくなるのです。

(※1)自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」という2つの種類がある。

マカの冷え性の改善に役立つ働きについて詳しくはこちら

女性ホルモンのバランスを整える

むくみを招く血行不良は、女性ホルモンのバランス(※2)の崩れによって起こる場合があります。マカに含まれている栄養素は、この女性ホルモンのバランスの乱れを防ぎます。

女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部によってコントロールされています。加齢などの影響で、卵巣からエストロゲンが正常に分泌されなくなると、この視床下部が混乱するのです。
視床下部は、自律神経のバランスもコントロールしています。そのため、視床下部の混乱は、自律神経のバランスにも悪影響を及ぼし、血行不良やむくみが起こりやすくなるのです。

マカに含まれている「ベンジルグルコシノレート」と「ビタミンB6」には、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。
マカには他に、女性ホルモンの材料になるタンパク質や、女性ホルモンの生成に深く関わる亜鉛が含まれています。

マカを飲むことで、このようなホルモンバランスの正常化に役立つ成分を、まとめて補うことができるのです。
マカのこれらの成分の働きにより、ホルモンバランスを整えることができれば、血行不良によるむくみを抑えることが叶います。

(※2)女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの種類がある。