便秘解消をサポートするマカの働きとは

マカの摂取は便秘解消効果が期待できる

大地の栄養素を吸い取って育つマカには、便秘の解消に嬉しい様々な働きがあります。

便秘になる原因として、運動不足や自律神経の乱れなどが考えられます。
ですので、便秘の予防と解消を叶えるためには、適度に運動を行って腸の働きを活発にさせたり、ストレスを溜めないことを心がけたりすることが大切です。

そして、規則正しい生活をしたり水分を十分にとったりして、腸の正常な働きを維持しましょう。
その上でマカの働きを取り入れることで、より効率良く便秘の解消が叶えられるのです。

マカはどのように便秘解消をサポートするのか

食物繊維が便秘の解消へと導く

マカには、便秘の解消に欠かせない「食物繊維」が多く含まれています。この食物繊維の働きが、便のスムーズな排泄をサポートするのです。

食物繊維には、「水溶性」と「不溶性」という2つの種類があります。
水溶性食物繊維は、便の中に溶け込むことで便を柔らかくし、体外へ排出しやすくする働きをもっています。
一方、不溶性食物繊維には、腸の便やガスを排出する動き(ぜん動運動)を活発にして、排泄を助ける働きがあるのです。

食物繊維を多く含むマカは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方含まれています。
マカを飲んで食物繊維を摂取し、便の排泄を助けることができれば、便秘の解消に繋がるのです。

自律神経のバランスを整える

マカには、自律神経のバランスを整える力があります。自律神経の乱れを改善することで、腸の働きを良くすることができるのです。

自律神経には、活動しているときに働く「交感神経」と、リラックスしているときに働く「副交感神経」があります。そのうち、腸のぜん動を支配しているのは、副交感神経です。
ですので、ストレスなどの影響で自律神経のバランスが乱れ、交感神経が優位な状態が続くと、腸の動きが鈍くなり便秘が起こりやすくなります。

マカには、自律神経のバランスを整えるために必要な、以下の成分が含まれています。

ビタミンB群(ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、B12) 神経の働きを正常に保つ働きをもっている。
カルシウム 神経の緊張や興奮を抑える働きをもっている。
マグネシウム ビタミンB群の働きを助けたり、神経の興奮を抑制したりする役割がある。
・トリプトファン
・炭水化物
・鉄
・ビタミンB6
自律神経を整える働きをもつ「セロトニン」の合成に必要。

このようにマカを飲むことで、自律神経のバランスの改善に必要な成分を、効率良く摂取することができるのです。
これらの成分の働きにより、自律神経のバランスを整えることができれば、腸のぜん動運動が正常に行われて便秘の解消が叶います。

ホルモンバランスを整える

マカは、女性ホルモンのバランス(※1)を整えることで、便秘の原因になる自律神経の乱れを防ぐのです。

女性ホルモンの分泌と自律神経の働きは、どちらも脳の視床下部によってコントロールされています。
ストレスなどの影響でホルモンバランスが乱れると、視床下部が異常を察して混乱し、自律神経にも悪影響を及ぼしてしまうのです。

マカには、女性ホルモンのバランスの調整に役立つ以下の成分が含まれています。

ベンジルグルコシノレート(マカの特徴成分) 女性ホルモンのバランスを整える働きがある。
タンパク質 体内でホルモンの材料になる。
ビタミンB6 エストロゲンに働きかけ、女性ホルモンのバランスを整える。
ビタミンE 卵巣などに作用し、女性ホルモンの分泌をコントロールする。
亜鉛 女性ホルモンの生成に深く関与している。

マカのこれらの成分は、女性ホルモンの減少を抑えたり、正常なバランスを保ったりするために必要不可欠な存在です。
マカを飲んでホルモンバランスを整えることができれば、自律神経の乱れを防ぎ、腸の良好な働きを維持できます。

(※1)女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。