マカが集中力の向上に役立つ理由

マカの摂取は集中力を高める効果が期待できる

「栄養の宝箱」とも呼ばれるマカは、体力だけでなく集中力の向上にも役立ちます。

集中力を高めて持続させるためには、マカを飲むだけでなく、規則正しい生活習慣や良質な睡眠、栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。
睡眠不足や、エネルギー源となるブドウ糖が足りない状態が続くと、脳が活性化せず集中力の低下に繋がります。

規則正しい生活習慣や、栄養バランスの良い食事を心がけた上でマカを取り入れると、よりスムーズに集中力を高めることができるのです。

なぜマカは集中力の向上に役立つのか

豊富なアミノ酸が集中力の向上に必要な物質をつくる

脳を活性化させて集中力を高めるためには、脳内の「神経伝達物質」が十分につくられる必要があります。神経伝達物質の中でも、ドーパミンやノルアドレナリンなどの「興奮性神経伝達物質(※1)」がつくられることで、集中力を持続させることができるのです。

マカには、ドーパミンやノルアドレナリンなどの合成に必要な、以下の栄養素が含まれています。

タンパク質 体内でアミノ酸に分解されることで、神経伝達物質の材料として利用される
チロシン、BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)、アルギニン、フェニルアラニン ドーパミンやノルアドレナリンなどの興奮性神経伝達物質の材料になる。
ビタミンB群(ナイアシン、ビタミンB6) 神経伝達物質の合成に関わる。

このようにマカを飲むことで、神経伝達物質の合成に必要な様々な成分を、効率良く摂取することができるのです。
勉強や仕事を始める前にマカを飲み、これらの成分によって興奮性神経伝達物質がうまくつくられれば、集中力が高い状態を維持できます。

(※1)神経伝達物質には、主に「興奮性」と「抑制性」の2種類がある。抑制性神経伝達物質(ギャバなど)には、興奮を抑える働きがある。

脳の働きを高める成分が含まれている

マカには、脳の働きをサポートする「リジン」や、鉄が含まれています。

脳を活性化して集中力を持続させるには、脳のエネルギー源となる「ブドウ糖」が必要不可欠です。
身体の組織は、三大栄養素(※2)のいずれかをエネルギー源として利用することができます。しかし脳の場合は、ブドウ糖しかエネルギー源として使うことができないのです。

アミノ酸のリジンは、ブドウ糖がエネルギーに変わるのを助ける働きをもっています。このリジンを十分に摂ることで、ブドウ糖の代謝がより良くなり、集中力のアップに繋がるのです。

また、脳の良い働きを維持するためには、鉄もしっかり摂取して、貧血を防ぐことが大切です。
血液には、栄養や酸素を運ぶ働きがあります。ですので、鉄が不足して貧血になると、脳に十分な酸素が届けられず、集中力の低下に繋がります。

マカを飲むことで、このような脳の働きに必要な成分を同時に摂取し、効率良く集中力を高めることができるのです。

(※2)炭水化物、脂質、タンパク質のこと。