マカは自律神経の調整をサポートする

マカには自律神経の調整に役立つ働きがある

「栄養の宝箱」とも呼ばれるマカは、自律神経の調整に役立つ様々な働きがあります。

自律神経には、活動しているときに働く「交感神経」と、リラックスしているときに働く「副交感神経」の2種類があります。この2つの自律神経がバランス良く働くことで、体温や血圧などを調整し、元気な体を保つことができるのです。

自律神経の乱れを防ぐためには、規則正しい生活習慣やストレスを溜めないことなどを心がけることが大切です。その上でマカを取り入れることで、自律神経の正常なバランスをより維持できます。

なぜマカは自律神経の調整に役立つのか

神経の正常な働きを維持する

マカには、神経の働きを正常に保つビタミンB群が豊富に含まれています。さらに、神経の興奮や緊張を抑えるカルシウムや、マグネシウムも同時に摂取できるのです。

マグネシウムには、ビタミンB群の働きをサポートする役割もあります。ですので、ビタミンB群とマグネシウムを一緒に摂ることで、相乗効果が期待できるのです。

このように、マカなら自律神経の調整に欠かせない成分を、効率良く得ることができるのです。

ホルモンバランスを整える

マカは、ホルモンバランスを整えることで、自律神経の乱れを抑えます。

自律神経とホルモンの分泌は、脳の視床下部によってコントロールされています。ですから、ホルモンバランスが乱れると、視床下部が混乱して自律神経のバランスにも悪影響を与えてしまうのです。

マカの特徴成分の「ベンジルグルコシノレート」には、ホルモンバランスを整える働きがあります。
マカには他に、ホルモンの生成に必要なタンパク質や亜鉛なども豊富に含まれています。さらに、ホルモンの分泌をコントロールするビタミンEも、同時に補えるのです。

マカのこれらの成分により、ホルモンバランスを整えることができれば、自律神経のバランスも整えることができます。

幸せホルモンの生成に必要な成分が含まれている

幸せホルモンである「セロトニン」には、自律神経のバランスを整える働きがあります。マカを飲むことで、セロトニンの生成に必要な以下の成分を摂取できます。

・トリプトファン
・ビタミンB6
・炭水化物
・鉄

これらの成分を摂取し、日中にセロトニンが十分に分泌されれば、自律神経の正常なバランスを維持できるのです。
また、日中にセロトニンが多くつくられると、夜に働く睡眠ホルモン(メラトニン)の量も増えます。夜にメラトニンが十分にあると、自然と睡眠の質が良くなり、自律神経の乱れを抑えることができるのです。