マカには動脈硬化のリスクの軽減に役立つ働きがある

マカは動脈硬化のリスクを減らして健康維持をサポートする

栄養価が高いマカは、動脈硬化のリスクを軽減し、健康的な血液を維持する効果が期待できます。

動脈硬化のリスクを減らすためには、肉類など脂質が多いものを食べ過ぎないことや、禁煙を心がけることが大切です。
その上でマカの働きを取り入れると、血流をより良い状態にすることができます。

マカのどのような働きが動脈硬化のリスクを軽減するのか

動脈硬化のリスクを高める物質を減らす

マカは、血液中の脂質を酸化から守ることで、動脈硬化のリスクを減らします。

人の体は、喫煙やストレスなどの影響を受けると、細胞や脂質を酸化させる「活性酸素」が多く発生します。
血液中のコレステロールなどの脂質が酸化されると、「過酸化脂質」に変化し、血管の内壁に付着するようになるのです。その上に、さらにコレステロールや過酸化脂質が積み重なると、血管の内側が狭くなって動脈硬化に繋がってしまいます。

ストレスなどの影響で増加した活性酸素を減らすためには、「抗酸化作用」をもつ成分を積極的に摂取することが大切です。
マカには、抗酸化作用をもつ以下の成分が含まれています。

・ビタミンC
・ビタミンE
・アントシアニン

ビタミンCには、酸化されたビタミンEを回復させる働きがあります。ですので、ビタミンCとビタミンEを一緒に摂ることで、体内の抗酸化力がより高まるのです。

血液中のコレステロールの増加を抑える

動脈硬化を予防するためには、血管壁に入り込む悪玉コレステロールを減らすことが大切です。
マカを飲むことで、悪玉コレステロールの増加の抑制に役立つ、以下の成分を摂取できます。

・食物繊維

コレステロールの吸収を遅らせる働きや、血管壁のコレステロールの沈着を防ぐ働きがある。

・メチオニン

コレステロールの排出を助ける働きがある。自律神経の交感神経の働きを抑えて、血圧の上昇を抑制する。

・ビタミンC

善玉コレステロールを増やす働きがある。善玉コレステロールは、悪玉コレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きをもっている。

血圧の上昇を抑える

マカは、動脈硬化のリスクを高める「高血圧」の予防に役立ちます。

血圧が高い状態が長く続くと、血管の内側が傷ついてしまう場合があります。血管の内側が傷つくと、その部分に悪玉コレステロールなどが入り込み、動脈硬化のリスクが高まるのです。

マカは、高血圧の原因となるストレスや不眠の解消をサポートします。
ストレスや不眠は、血管を収縮させる交感神経の働きを高めます。マカの働きによって、ストレスや不眠を解消することができれば、交感神経の働きを抑えて、正常な血圧を維持できるのです。

マカの高血圧の予防に役立つ働きについて詳しくはこちら