マカがアンチエイジングに役立つ理由

マカはアンチエイジングをサポートする

マカは、シワやシミなどの肌老化を抑制する力をもっています。

アンチエイジングを叶えるためには、肌の生まれ変わりである「ターンオーバー」が正常に行われる必要があります。
また、ハリをつくるコラーゲンの量を維持したり、肌老化を招く物質を減らしたりすることも大切です。

このアンチエイジングに必要な条件を少しでも満たすためには、スキンケアだけでなく、マカを飲んで体の内側からアプローチをすることをおすすめします。

マカがアンチエイジングに役立つ理由

肌の生まれ変わりをサポートする

マカには、ターンオーバーの正常化に役立つ成分が豊富に含まれています。

肌老化を抑えるためには、ターンオーバーが正常に行われることが大切です。
成人の場合、ターンオーバーは約28日周期でおこりますが、年齢を重ねるにつれてこの周期は長くなります。
すると、外部からの刺激や乾燥から肌内部を守る「バリア機能」が低下します。また、シミの原因になる「メラニン色素」をうまく排出することが出来なくなり、シミの発生にも繋がってしまうのです。

マカに含まれている以下の成分が、ターンオーバーの正常化をサポートします。

タンパク質 アミノ酸の供給量を増やすことで、ターンオーバーを促進する。肌細胞の材料になる。
・アルギニン
・ベンジルグルコシノレート
新陳代謝(※1)を高める成長ホルモンの分泌を促し、肌のターンオーバーを促進する。
ビタミンB2 ターンオーバーの周期を整えて、皮膚や粘膜を正常に維持する。「美容のビタミン」とも呼ばれている。
ビタミンC 傷ついた細胞を再生したり、ターンオーバーを促したりする。
亜鉛 新陳代謝と関わりがある酵素の構成要素として必要なミネラル。

このようにマカには、ターンオーバーの正常化に必要な成分が多く含まれています。
特に、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すだけでなく、肌の保湿力のアップにも役立ちます。
アルギニンの働きによって肌の乾燥を抑えることができれば、ターンオーバーの乱れを防ぐことに繋がるのです。

(※1)古い細胞が新しい細胞に生まれ変わること。

ハリに必要なコラーゲンの生成を助ける

マカは、コラーゲンの生成を助けて肌のハリを維持します。

コラーゲンはタンパク質の一種で、肌のシワを伸ばしたり保湿したりする役割を担っています。マカには、このコラーゲンの生成に必要な、以下の成分が含まれています。

・タンパク質
・ビタミンC
・鉄

マカを飲むことで、コラーゲンづくりに必要なこれらの成分を、効率良く補うことができるのです。

特に、ビタミンCはコラーゲンの生成において重要な役割を果たします。
コラーゲンをつくるためには、摂取したタンパク質がアミノ酸に分解されて、コラーゲンとして再合成される必要があります。そのときに、ビタミンCの力が必要です。

ですので、ハリのある若々しい肌を維持するためには、タンパク質や鉄と一緒にビタミンCを意識して摂取することが大切です。

肌老化の原因になる物質を減らす

マカには、肌老化の原因になる「過酸化脂質」の発生を抑える働きがあります。

過酸化脂質とは、体内の脂質が活性酸素(※2)によって酸化されることで発生する物質です。
この過酸化脂質が増えると、色素沈着を起こしてシミを招く場合があります。また、肌の弾性線維(※3)を破壊する力があるため、シワの原因にもなるのです。

マカには、活性酸素の影響を抑える「抗酸化作用」をもつ以下の成分が含まれています。

・ビタミンE
・ビタミンC
・アントシアニン
・サポニン

これらの働きによって、紫外線などで増加した活性酸素の影響を抑制できれば、過酸化脂質の増加を防ぐことができます。
そして、過酸化脂質の増加を防ぐことが、若々しい美肌の維持にも繋がるのです。

(※2)細菌やウイルスの退治に役立つ物質。紫外線などの影響を受けると増加して、健康な細胞や脂質まで酸化させる。
(※3)コラーゲンの線維を支える役割をもつ線維。エラスチンとも呼ばれる。