マカの成分が貧血予防をサポートする

マカには貧血予防に役立つ成分が豊富に含まれている

マカは、男性の精力を高める食品として有名ですが、実は貧血予防に嬉しい成分を含んでいるため、女性にもおすすめの食品です。

血液には、酸素や栄養、熱を運ぶ重要な働きがあります。
血液の材料となる成分や、血液の生成に関与する成分が不足すると、全身が酸素不足となって頭痛やめまいなどの症状に繋がります。

マカを飲むことで、血液の材料となる成分だけでなく、血液づくりをサポートする様々な成分を一緒に補うことができるのです。

マカの貧血予防に役立つ成分とは

血液をつくる材料(鉄、タンパク質)

・鉄

鉄は、赤血球の成分である「ヘモグロビン」の構成成分になる重要な成分です。
血液がもつ酸素を運搬する働きは、ヘモグロビンが司っています。ですので、貧血予防をするためには、まず鉄を十分に補うことが大切です。

マカに含まれる鉄は、「非ヘム鉄」と呼ばれる種類です。非ヘム鉄は、動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と比べると、吸収されにくいという特徴があります。

・タンパク質

タンパク質は、赤血球やヘモグロビンの材料になる成分です。タンパク質を一度に多く摂っても、体内に貯めておくことができないため、毎日意識して補う必要があります。

鉄の吸収を助ける(ビタミンC)

ビタミンCは、非ヘム鉄の吸収を助ける頼もしい成分です。マカに含まれる非ヘム鉄は、ヘム鉄と比べると吸収性が低いですが、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収されやすくなります。

マカなら、鉄と一緒にビタミンCを補えるので、摂取した鉄をうまく利用することができるのです。

赤血球の生成に関わる(ビタミンB12、銅)

・ビタミンB12

ビタミンB12は、赤血球をつくる重要な働きをもっているため、「造血のビタミン」とも呼ばれています。
どんなに鉄を十分に摂っても、ビタミンB12が不足していると赤血球をつくることができず、貧血に繋がってしまうのです。

・銅

銅は、摂取した鉄を体内で利用できるように変える代謝に関与しています。

食べ物などから摂取した鉄は、そのままの状態では血液の材料として利用することはできません。銅が働くことで、鉄をヘモグロビンの合成に利用できる形にすることができるのです。

マカなら、このような赤血球の生成に関与している重要な成分を、鉄と一緒に摂取できます。マカを普段の生活に取り入れて、効率良く貧血を予防しましょう。